京都・滋賀の店舗デザイン、店舗設計は株式会社空(KOOデザイン)にご相談ください。

京都・滋賀の店舗デザイン・店舗設計は株式会社空(KOOデザイン)

京都・滋賀の店舗デザイン・店舗設計は株式会社空(KOOデザイン)

  • Facebook
  • リクルート
  • サイトマップ
  • ホーム
  • コンセプト
  • 作品
  • 会社案内
  • お問合せ

HAKO-自由に住みつづけられる「箱」-

ハコ HAKO

Life Styleの変化に伴いレイアウトを変更出来る「箱」をご用意致します。

HAKOシリーズ
HOKO SHOP FREE STYLEの家

増築部分を木造門型フレームで設計

HOKO HOUSE 共に成長できる家

新築にて全面木造門型フレームで設計

※年間の棟数に関して…
構造体の施工に特殊な知識と技術が必要な為、現段階では年間6棟しかお請けできません。
ご依頼頂いてもお請け出来かねる事もございますのでご了承お願いします。
スケルトン・インフィルの提案-本当の超寿命住宅
スケルトン・インフィルイメージ図

スケルトン・インフィルとは、建物を構造体と内装・設備に分けて設計する考え方のことである。スケルトンは骨格・構造体を示し、インフィルは内外装(間仕切り)・設備の事である。一般の在来木造住宅の場合は、耐震性を高めるために多くの柱と筋交いや耐力壁が必要になり、間仕切り壁も構造体の一部として設計しなければならず、間取り変更は容易ではなかった。
しかし、スケルトン・インフィルなら、構造体と内装(間仕切り)・設備を分けて設計できるので、構造を気にせず自由にインフィル部分(間仕切り)の変更を行う事が出来ます。耐久性の高い構造体を造る事が出来れば、家族構成の変化に多様に対応する事ができる上に、本当の意味で親子三代に渡って長年住みつづける事が出来るのです。

スケルトン・インフィルを可能にした木造門型フレーム

木造門型フレームとは、柱と梁を組み合わせ、門のような形状をした建築用耐力フレームです。
※柱や梁は、高精度の集成材(構造用無垢材も可能)とオリジナル工法(金物)で接合します。

木造門型フレームイメージ図
木造門型フレーム写真
レイアウトフリーで、親子三代に渡って住みつづける事が出来ます!
木造門型フレーム在来工法
大空間・大開口が実現!
  • ◎ 狭小地にも有効的!
    構造上必要となる耐力壁を少なくする事が出来る為、大開口が確保できレイアウトの自由度が向上します

  • ◎ 様々なフレームバリエーション
    在来工法・2×4工法と組み合わせ可能!
バリエーション 一層 二層 三層 登り梁 2連
フレーム
形状
在来工法
2×4工法 × × ×

※部分的な門型フレームの使用も可能(例:増築箇所のみ、新築だが1階のガレージ部分のみ等)

安心の品質
  • ◎ 邸別の構造計算により、安全かつ地震に強い建物を造ります。
  • ◎ 構造材である木造門型フレームは、実寸大実験で脅威の強度が実証されています。
  • ここに親子三代に渡って住みつづけられる秘訣があります!
Q&A
HAKO HOUSEは規格型住宅なのでしょうか?
違います。注文住宅ですので、お客様のご予算やご要望に合わせて一軒一軒設計させて頂きます。
注文住宅ですので、レイアウト・仕様・材料の限定等は一切ございません。
最近言われる長期優良住宅(200年住宅)とどこが違うのですか?
認定を所得されている多数のメーカー住宅でも、20~30年後にはやはり設備の入替えや環境に合わせての大規模な改装工事が必要になります。スケルトン・インフィルをうたっていても実際は、間取りの変更・設備位置の変更は容易ではないはずです。
おそらく、構造体からの改装工事となるでしょう。「HAKOシリーズ」は、完璧なスケルトン・インフィルが可能であり、数十年の間に必要とされる住環境の変化に合わせて自在にご使用いただけます。だからこそ、超寿命なのです。
在来工法と比べてコストの面では高くつくのでしょうか?
ご希望の内容により若干高くつくケースもございますが、近年のクラッシュ&ビルドを繰り返す事を考えたり、住環境の変化に合わせてリノベーションされる際のコストを考えますと反対に安価に済む事になると思います。又、一流のハウスメーカーの建築費と比較すれば安価なコストの住宅です。勿論お客様のご予算に添えるようにご提案させて頂きます。
「HAKO HOUSE」高気密・高断熱住宅なのですか?
高気密・高断熱の標準仕様ではございません。大屋根・外壁・風呂部分基礎に「水発砲ウレタン断熱」を採用しておりますので気密性や断熱性に関しては満足して頂けると思います。勿論、大屋根・外壁は通気工法を採用しております。
年間の竣工戸数はどの位ですか?
HAKOシリーズは、2010年にシリーズ化されましたので、現在は2棟です。(2010.3現在)又、構造体の施工に特殊な知識+技術が必要とされる為、現在は年間6棟限定とさせて頂いております。
対応地域はどこまでですか?
現在は、アフターサービス等を考慮致しまして、滋賀県全域(北部エリア除く)・京都市・宇治市・向日市・長岡京市・久世郡・亀岡市とさせて頂いております。 ※当該エリア外でも対応可能な場合もございますのでお問合せ下さい。
設計は全て御社で行って頂けるのでしょうか?
はい。基本設計~実施設計まで当社にて行っております。構造設計及び申請業務に関しては、ピアチェック(第三者のチェック)を考慮して、関係建築事務所に依頼しております。
KOO HOKO パンフレットダウンロード(PDF)